住まいのGoodNews

  • ホーム
  • サイトマップ
  • 会社概要

店舗のご案内

Brilliaマイスター田中のインタビュー

Brilliaマンションへの愛情は人一倍

マイスター田中

お客様とお話していて、「Brilliaマイスターって何ですか?」と言われることがあります。「何してくれるの?」と(笑)。業務としては他の営業マンと違いはないです。

ただ、Brilliaに対する愛情はとっても強いです。私は元々、新築のBrilliaを販売する部署にいたということもありますが、どのBrilliaマイスターも愛情は強いと思います。
例えば、今担当させていただいている「Brillia神楽坂id」ですとフローリングだけでなく洗面所やキッチンの面材にも突板(※1)を使用していて、木のぬくもりが肌で感じられるようになっています。素材感が伝わる商品作りをしている東京建物は本当にすごいと思います。
もちろん、セキュリティシステムも充実していて安心して住んでいただけるという点もBrilliaが一押しな理由です。

こういう他社分譲のマンションとの違いやマンションの特性を売主様とお話すると、「わかってくれるの?!そこが気に入って買ったのよ!」と。こっちもうれしくなるので話が合っちゃうんですよね。

※1 木材を薄くそいだ板のこと。天然木を用いるため、自然な味わいが楽しめる。

お客様との距離が縮まり思い出に

都内のBrilliaマンションの売買を担当させていただいた売主様から、同じマンション内のお友達をご紹介頂きました。
その際にはBrillia認定中古マンション制度(※2)を使っていただいて、ご紹介いただいたお部屋も成約できたことが最近では記憶に残っています。

紹介者であるお客様もお友達が成約できたことを大変喜んでくださり、
ご自宅に招いていただいてご馳走になってしまいました(笑)

元々思い入れのあるマンションでしたが、思い入れと思い出の両方を備えたマンションになりましたね。

※2 Brilliaの中古マンション取引において建物環境検査を実施し一定の保証を提供する新しいサービスです。

お客様の心配をケア

マイスター田中

基本的に不動産の売り買いって、何もご存じない方がほとんどなんですね。それこそ専門用語1つとってもご存じない方がほとんどなんです。その前提でこちらもお話をしないといけないなと思っています。

契約になる前の段階から、売主様であれば、「人が見に来るのに何を準備したらいいのかわからない」、「自分がいていいのかわからない」、「どこを見られるのかわからない」など、本当に細かい事が何もわからない状況から始まります。売主様には大体奥様がいらっしゃるので、奥様が一番そういうところを不安がられますね。私は女性ですから、私自身が聞きたいなって思うようなことは事前にお伝えしたり、できるかぎり不安感がない形で取引ができるように心がけています。

実際、奥様から「服とかをどこに隠しておけばいいんですか?」などと聞かれます。クローゼットは元々マンションについているものなので,ご検討者様は大抵見られるんですね。普段は当たり前のように自分が使うだけなんで、人に見られるとなるとどう隠したらいいのかわからないんです。

投資視点でのアドバイスも

人から注目される物件は、やはり中古で売りに出しても売れますし、二次流通でご購入されたお客様がまた三次流通で売るときも同じなんですね。

例えば、成増は副都心線が東横線に延伸されたことにより交通利便性が増し、注目されているエリアです。また、板橋区は緑も多く商店街もあって住みやすいため、住環境に関しての定評もあります。

自分は住まないけど賃貸にだして投資として使いたい方には、「資産価値が高いんでこれからの目減率が低いと思いますよ」などとお話をしたりします。

プロフィール

入社後、住宅販売部に配属。
新築マンションのBrilliaの販売を4年半程担当し、仲介に転属。
2012年、Brilliaマイスター制度が発足、第一期Brilliaマイスターに就任。

Brilliaを購入希望のお客様

Brilliaを売却希望のお客様