住まいのGoodNews

  • ホーム
  • サイトマップ
  • 会社概要

店舗のご案内

Q&A

お住いや資産の売却、住み替えのご相談は、東京建物不動産販売にお任せください

査定のQ&A
売却のQ&A
購入のQ&A
その他のQ&A

査定のQ&A

Q1.査定はどのようなことをするのですか?

A.大きく分けて、簡易査定と訪問査定があります。
簡易査定は室内の確認は行ないませんが、法規制等の調査、周辺での売出事例や成約事例の調査、市場動向を考慮し、おおよその査定価格を出すものです。
訪問査定は、簡易査定の内容にプラスして、現地まで訪問し、室内や外観の状態、リフォームの必要性等を確認し、査定価格を出します。
日当りや風通し、騒音等のチェックなども実際のお部屋で確認します。

Q2.住んでいても物件の査定はできるのでしょうか?

A.お住まいのままでも査定可能です。お気軽にお問い合わせください。

簡易査定を依頼する(無料) 訪問査定を依頼する(無料)

Q3.査定の為に物件情報は何をお知らせすればいいのですか?

A.以下の内容についてお知らせください。
・物件種別(マンション・一戸建て・土地)
・所在地
・面積(土地面積・建物面積、マンションの場合は専有面積)
・築年数・ご売却予定時期

Q4.査定にはどのぐらい時間がかかるのですか?

A.簡易査定では、一般的に30分から1時間程度の調査で価格を査定できますので、迅速なご報告が可能です。
訪問査定は、現地確認として、30分から1時間程度室内を拝見させていただきます。
その他、役所や法務局等での調査が必要となりますので、査定価格のご報告までには、概ね5営業日程頂戴しております。

Q5.査定するのに何か用意が必要なものはありますか?

A.下記の書類でご用意いただけるものをご準備ください。
・登記簿謄本(土地・建物)
・公図・測量図
・建物図面(間取りのわかるもの、設計図書やパンフレットなど)
・権利証
以上のものがなくても査定は可能です。

Q6.査定を依頼したら必ず売却しないといけないのでしょうか?

A.必ずご売却いただく必要はございません。
ご提案した査定価格をもとにご売却についてご検討ください。

このページの先頭へ

売却のQ&A

Q7.販売価格は査定価格と違ってもいいのですか?

A.まずは、査定価格をご参考にしていただき、お客様にご判断いただきます。
査定価格とお客様のご希望価格に乖離があった場合は、営業担当者へご要望をお伝えください。
ご要望に沿った売却プランをご提案致します。

Q8.住みながら売却活動することはできますか?

A.可能です。お住まいいただきながらご売却をされるお客様も多数いらっしゃいます。

Q9.購入希望の方はどのように見学に来られるのですか?

A.予め、見学希望のお客様の来訪日程はお伝えさせていただきます。
突然の来訪はございません。
また、土日などで日程を決めてオープンハウスを開催し、自由にご見学いただくことも可能です。

Q10.売却していることをご近所に知られたくない場合でも、売却は可能ですか?

A.広告宣伝等をせずに売却することも可能です。
当社でご購入希望をお寄せいただいている豊富なお客様情報の中から条件の合う方に、個別にご紹介します。
また、インターネットでの広告は、興味のある方が見る媒体となりますのでおすすめいたします。

Q11.売却するための必要諸経費はどのようなものがありますか?

A.主な諸経費としては、仲介手数料や契約書に添付する印紙税、抵当権の抹消費用などが必要となります。
また、売却によって譲渡益が発生する場合、所得税等がかかる場合がございます。

Q12.売却するために必要な手続きはどのようなことがありますか?

A.国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づき、お客様と当社との間で、売り出し価格・売却活動期間などを記載した媒介契約を締結いただきます。
また、売却不動産の状況や買主様に引渡す設備の状態等について「物件状況等報告書」と「設備表」にご記入いただきます。
なお、売主様ご本人様であることを確認するため、権利証または登記識別情報通知書の確認をさせていただき、本人確認手続きを取らせていただきます。

Q13.販売活動はどのようなことをするのですか?

A.当社ホームページや不動産情報ポータルサイト・新聞折込チラシ・住宅情報誌への掲載、オープンハウスの開催、当社購入登録をいただいている顧客への紹介、指定流通機構(レインズ)への登録、不動産業者等への紹介などを行います。

Q14.売却代金はいつ受け取れるのでしょうか?

A.一般的に、契約時と引渡し時の2回に分けて、契約時に5~10%、引渡し時に残りの金額が支払われます。

Q15.売却を断念した場合でも、仲介手数料を支払う必要はありますか?

A.仲介手数料は成功報酬ですので、売却が成立しない場合にお支払いいただくことはございません。

Q16.夫婦共有名義になっています。何か必要な手続きはありますか?

A.原則、契約書の締結や登記手続に必要な書類の調印などはご本人様に行っていただく必要がございます。
そのため、実印や印鑑証明書などをそれぞれご用意いただきます。

Q17.どうしても一定期間内に売却したいのですが、可能でしょうか?

A.当社では買取サービスをご用意してございます。詳細は営業担当者へご相談ください。

買取サービスの相談・依頼をする(無料)

Q18.売却をした後は、確定申告が必要になりますか?

A.確定申告は必要となります。
申告書の提出は、手続きを税理士に依頼することもできますが、各税務署で無料相談を実施しておりますので、ご本人様でも十分に手続可能です。

Q19.売却した年も固定資産税はかかってくるのでしょうか?

A.固定資産税は、その年の1月1日現在の所有者に課税されるものですので、売却後でも納税通知書が届くケースがございます。そのため、物件の売買時に引渡し日を基準日とし、日割り計算された金額を買主様からいただくことになります。

Q20.リフォームは必要ですか?

A.一部リフォームをすることで印象が良くなり、早期売却へ繋がるケースもございますが、まずは営業担当者へご相談ください。必ずしもリフォームが必要なわけではありません。

このページの先頭へ

購入のQ&A

Q21.自己資金が少ないのですが、購入は可能ですか?

A.自己資金については、物件購入に充当する頭金と諸費用の合計額は最低でも準備したい額となります。
金融機関によっては、100%のローンや諸費用ローン等の利用ができる場合がございますので、お気軽に営業担当者までご相談ください。

Q22.購入するための必要諸経費はどのようなものがありますか?

A.主な諸経費としては、仲介手数料(※)や印紙税、登記に必要な登録免許税、不動産取得税等の税金や、火災保険料、ローンを利用される方は事務手数料などが必要となります。
一般的には売買代金の7%~10%程度と言われています。
※ 仲介手数料は、取引態様が売主・代理の場合は必要ありません。

Q23.購入価格は交渉できますか?

A.価格も含め契約条件については売主様と買主様との間で調整を行います。
総合的に条件調整を進める中で、価格交渉が可能なこともございますので、ご希望の条件を営業担当者へご相談ください。

Q24.最近転職をしたのですが、住宅ローンの利用は可能でしょうか?

A.ローン審査の基準は金融機関によって異なりますが、借入れの目安としては勤続1年以上となります。
金融機関に事前相談を行うことも可能ですので、営業担当者へご相談ください。

Q25.車のローンがあっても、住宅ローンは借りられるのでしょうか。

A.住宅ローンの月々の返済が可能かどうかは、車などのその他のローンがある場合、それらの毎月の返済額を考慮に入れて審査が行なわれます。
車などのローンが多い場合、住宅ローンの借入額に影響が出ることがございます。

Q26.今住んでいる自宅の売却資金で住み替え先の購入を検討しています。売却と購入を同時に進めることは出来ますか?

A.売却資金を元手に購入をすることは出来ますが、売買日程や引っ越し日時など十分な計画を立て進める必要があります。
当社では住み替え相談も行っておりますので、お気軽に営業担当者へご相談ください。

住み替え相談をする(無料)

Q27.両親から資金援助を受ける予定です。税務相談なども可能ですか?

A.制度の説明など、一般的な内容については営業担当者でもお答えすることが可能です。
税額等個別の詳細相談につきましては、弊社顧問税理士をご紹介させていただきます。

Q28.夫婦共有名義で購入したいのですが。

A.ご夫婦それぞれの出資した割合に応じ、共有名義の持分は決まります。
それぞれが手持ち資金を出す場合には、共有名義にすることをおすすめ致します。
名義が一方の場合は、贈与税の対象となりますので、注意が必要です。

Q29.入居後に、建物に不具合を見つけたらどうすればいいのですか?

A.中古物件については、原則、現状取引となりますので、建物の破損などの修繕はありません。
ただし、雨漏りや給排水設備などの瑕疵については、引渡し後3ヶ月以内に発見された場合に限り、売主の負担で修理することになります。
Brillia物件に関しては認定中古マンション制度がございます。詳細は営業担当者へお問い合わせください。

Brillia認定中古マンション制度のお問い合わせ

Q30.契約後にローンが借りられなくなった場合はどうなりますか?

A.ご契約後であっても、一定期間内に住宅ローン融資の承認が得られない場合には、契約を解除することができます。
また、売主様に支払った手付金は返金されます。

Q31.購入後、住宅を保有するためにどのような経費がかかりますか?

A.マンションの場合は管理費・修繕積立金などが必要となります。
また長期的な視点では、修繕・リフォームの費用も考慮しておくことをおすすめします。
その他、不動産所有をすることで「固定資産税・都市計画税」が課税されます。

このページの先頭へ

その他のQ&A

Q32.広告などに表記される徒歩5分は実際、どのくらいの距離ですか?

A.徒歩1分=80mで計算(端数は切上)することとなっています。従って徒歩5分はおおよそ320mから400mの間の距離となります。

Q33.1坪はどのくらいの広さでしょうか?

A.約3.3m²の面積のことになります。2畳程度の広さが目安となります。

Q34.坪単価はどのように計算するのでしょうか?

A.物件価格÷面積(m²)×3.3=概算坪単価となります。

Q35.手続きは代理人でも可能でしょうか?

A.委任状などの必要書類がございますが、代理人の方でも手続きは可能です。
営業担当者へご相談ください。

このページの先頭へ